March 21, 2018

2018-公立合格発表の日

昨日の合格発表 無事 発表4分後に
メールではなく 嬉しい直電が入りました

最後の一人も説明会終え お昼休みに合格のメール

ケーキ屋さんに「合格おめでとうですね 出雲さん」と
先に声をかけられるくらいの
毎年 恒例 おめでとうのケーキを準備

P1000424


とびきりの顔を見に私が出向くはずが

今回は生徒が教室に来るとのこと

ケーキの保冷が・・・となかなか来ない生徒に
やきもきしていたら

お小遣いで仕入れたらしき
大量のうまか棒やらキットカットやらに添え 
講師の一人一人宛 ハートの付箋に
手書きのメッセージ

ひとりひとり内容変えて書くの大変やのに
きっとこれ書くのに時間かかってたんやなあ

P1000434


友達っていいね 
いっしょにこんなんしよぅって
練ったサプライズ

20年目で初のパターンでした

でも 私にはこれだけ?

「L O V E 塾長」
やからいいやん  

P1000430


はいはい LOVEなんて
書いてもらったん きっと人生初やからね
ありがとう☆ 

P1000432


(今は 合格したその日にラインやらツイッターで
知らない子どもたち同士がいきなり コミュニティ誕生でつながるらしい
 これはこれで 大変そうです)

| | Comments (0)

March 12, 2018

2018 入試の日

毎年梅の花から桜の開花を待つこの時期は
ハラハラ どきどき
今日は 大阪府公立高校の入試の日
今頃は 頑張っている真っ最中ですね

最後の週はあまりに不安そうなので
結果だけを強く思うのでなく
自分の力を出せることが大事と
もう ほんと 一生懸命伝えます

自分の大事な人ができたら
何かに負けたり落ちたりで嫌いにならんやろ
その頑張り方に目を向けるやろと

素直な子どもほど 
不安や緊張に悩まれるですね
(それは大人も同じか)

「トイレなんか なんべんでも行ったれ」と
「落とされたら 乗り込んで行って文句ゆうたる」
こういう時は少しオーバーアクション気味に

最後は最初のころに 指導してくれた講師に
遠方から電話ホットラインで声をかけてもらう

塾なんて 子どもの応援団でしかない

ああ春を待ち遠しい

P1000339

P1000392


| | Comments (0)

January 27, 2018

春を待ちながら

大阪でも 昨晩から今朝は薄っすらと雪景色

この時期を越えたら 春がやってくる

わかっていても

いちばんキモチもカラダも厳しいのが今


そんな中 自転車のサドルに残る淡い雪に

歓声 上げてはしゃぐ今年の受験生たち

このあと私立入試 公立入試と続くけれど

確かな足跡残して前進 

頑張ってます

極寒の中 梅のつぼみも開きたがっている

今年も春を待ちながら

P1090432

P1090461_2

P1090456

P1090458


| | Comments (0)

January 04, 2018

あけまして おめでとうございます!

人の手や思いで変えられることがあるから頑張ろうと思い
人がどうこうできぬことがあるから 願い 祈る

「世界が安らかでありますように
そのおこぼれで穏やかでありますように」

今年の正月も来年正月もずっと願いは変わらない

本年もよろしくお願いいたします

| | Comments (0)

July 07, 2017

2017年の受験生

教室では今年の受験生の中心になる顔ぶれが
固まりつつあります

19年目で初のケース
仲良し4人組女子

過去 仲良し二人パターンは多くありました 
その輪に惹かれて4人だったこともあるけど
4人とも
同じクラブで仲良しは初

新しいパターンには
新しい企てでいかないとと思う日々

わずか14年の道行きというのに
ほんと素敵な 頑張り屋さんの「yukina」さん
シングルマザー環境で
あれこれあるかもなのに 「どストレート」
いやまあ すごい 素敵以外表現できない14歳…

そんな彼女を中心にした4人組と
昨日 第1回 作戦会議

1ー 今は仲良しでも 誤解やったりなんやったりで
 関係がぎくしゃくする時があるもの そこをわかってね

1ー いくら仲良しでも一人になりたい時があるもの
 その時は私に伝えること

1-同じダーリンに惚れてトラブルときもあるから
 その時も伝えること(おおきな笑い有)

1- 4人が仲良しなことをねたんで あらぬことで
 かき回されることもよくあるからね

笑って聞いてくれていましたが
教室の歴史19年の間にあったこと

まだまだ「さなぎ」の彼女たちが 
社会に出るまで少々勘違いでも まずは「よっしゃー」と
来年3月 自分を褒めてゴールをきれるよう
にとできることを考える

今年もいよいよ 受験生の夏 スタートです!

| | Comments (0)

«「本当は」 2017-02-188号