March 12, 2017

「本当は」 2017-02-188号

学年末のこの時期 受験生でなくとも この1年の成果成長が気になるものです

家族とはいえ24時間一緒にいるわけではありませんから
その物差しとして学校からの通知表 友人や知人からの評価評判
塾の学習状況やテストなどで こどもの今をつかみたくなります

そして その物差しとして 成績というスコア換算したものが気になるあまり
子どもの健やかな成長を願っているつもりが スコアの成長ばかりが
気になったりしてしまうことがありますね

これは 親の立場に限ったことではありません こどもたち自身もそうですし
教える側の立場の方にもそこだけを見られる人があるようです

でもいつもお伝えするのですが 将来親の手を離れしっかり自立して
人生をまっとうしてくれることが願い
社会に出れば 過去のスコアを問うことよりも 現在と将来性を評価します
イチロー選手の 中学時代の数学や英語の成績を問う人はいないはずです

では スコアはどうでもいいのか?

いえ 結果としてのスコアが問題なのではなく 本当に伝えたいこと

それは自分の器に沿って成長できるよう「頑張り続けること」

過去の成績が良くなくて大成した人はいても
頑張ることなく大成した人などいません

何の物差しもなく頑張ることなどできませんから その目安としてスコアがあります
私たちの役目は 頑張り続けることを伝える 頑張れないときは励ます応援する
頑張れたら褒める シンプルなことです

そして彼らがもう少し大きくなったら もうひとつ伝えたいことは
「感謝」「ありがとう」の気持ち

実は社会に出てから 成長した人の共通項は
「頑張り」と「ありがとう」のふたつ 
我々大人でも なかなか実践できているかな?という部分がありますので
さらに難しいテーマですが・・・。
入試学年末で大変な時期ですが 本当は伝えたい大切なことなんです
がんばれ子どもたち!

塾長 出雲 勝一

| | Comments (0)

February 25, 2017

「苦しい時の」~2017-01~ 187号

地球の温暖化が進んでいるというのに この冬はなんと寒さの厳しいこと
変えないといけないと言われ続けているのに大事な入試は 
まだ春の来ないこの時期からが本番です

特に今年は大学のセンター試験がまさに大寒波の日
選挙の1票の不公平もありますが 入試の地域格差もあるのではないでしょうか

そして受験生でなくとも この時期は寒さに負けてしまい
行動が停滞するもの 布団の中が恋しい 布団から出るのがおっくう
これは実は 大人も同じです 
なんとか気力を振り絞ったり スイッチを入れ替えて 
やるべきことをこなしているのです

子どもたちはまだ社会に出ているわけではないので
そこが まだまだ ゆるいのも当たり前かもしれませんね

でも この時期は各学年の最後の学期 いい形で次の学年への進級を
迎えてほしいと思うのは保護者の方も私たちも共通の願い

こんな時期は 寒さに負けて怠惰になっていることを叱るより
この1学年を振り返り 褒めてあげれるポイントを探してみてください

もし叱ってしまっても 必ずこの学年で良かったことをはさむ

大人でも日々の暮らしでそんなに褒めてもらえるような変化や行動はないもの
子どもたちも同じかもしれません でも少し離れた立場で
週何回か会う私たちからすると しっかりしてきたなとか
落ち着きがでてきたなとか 確かに1年の変化はあります

いつも一緒にいると 褒める内容を探す 上手にさりげなく褒める
これはとても技術のいることかもしれません

でも叱られることで動くより 褒められることで動くほうが長く持続するもの
苦しい時の「褒められガソリン」その効果は絶大です

どうか 進級 進学へ向け 自分自身に少し期待できるひと言をさがして
あげてもらえたらと思います

そしてこの時期 皆様体調崩されませんように

| | Comments (0)

February 13, 2017

2017年 春告げ便り 第1号

19年目の今年もようやく
春告げ便りが届きました

この10年はずっとルピノのケーキ
フルーツデコ 4号2台をと
注文すると横で聞いていた
男性スタッフが
「合格おめでとうですね☆」と
覚えていただけるほど
季節のお約束になりました

とはいえ

今日合格の彼女は手ごわかった

私も高校行かない宣言した経歴ありますが
私は親へのあてこすり逆らってのこと

彼女の場合はほんとに
「別に行きたくない」
ただそれだけのシンプルな思い

そのシンプルさを
くつがえすのは ほんと難しい

今 彼女の羅針盤らしきかけらも
伝えれないけど

どんな学校でもいい
ともかく とりあえず
門をくぐってほしいと
もう懇願

まさか 白紙で出さんやろなあ
などと一瞬不安もよぎりましたが
無事合格

学校が絶対ではないけれど
出会いの確率を減らす
選択だけは その年齢で
してほしくないんやなあ

ケーキを前に少し
笑ってくれたかな

P1070036


良き出会いを願う

さあて あと4人
この4人もそれぞれ手強い

でも 春はそこまで

| | Comments (0)

July 26, 2015

「時間は有限」

子どもたちは長い夏休み期間に入りました
小学生から高校生の間に12回の長いオフタイムがあることになりますね

昔、中学時代の卒業文集に誰かが「私が神様なら青春を存製の一番最後に持ってきただろう」という
格言を引用していたことをいまだに覚えています

それはそれでいろいろ困ることも多くくて あまり賛同しかねるなあと
ずっと思っていますが そんなふうに順番で考えるということが
やけに印象的でした

ただ確かに その順番が違うことだけで、とても大切なことに気づかない事も多くて
それは大人になると身をもって経験することが多いもの

学び、仕事、恋愛、結婚もそうですし 特に時間もそうです

先回りしてその事を経験できたり、感じることができたら違う今日1日を
すごしていたはず・・・。

自分が年齢を重ねて、体調の波や体力が落ちたりすることで
自分に与えられた時間が有限であることに気づきますが

成人して20歳や30歳代でもそんなことを意識することも少なく
目の前に増えるテーマや壁をクリアすることに一生懸命
そんな時間が流れていくのが一般的ではないでしょうか?

小学生中学生の子どもを育てている年代は子どもと同じで
自分のテーマ、壁と戦っているはず
ただ、子どもは親だって戦ってる、そのことを不思議なことに気づかない

親は戦いの中にいるので、より子どもたちが12回の「タイムストッパー」がかかる40日
2度とない 時間をなんとか 価値のある時間にしてもらいたいと思うもの

いちばん後に青春をもってこれなくてもいいから
オトナになったときの社会や自分を想像できたり
時間が有限なことを伝えるすべが欲しいですね

皆さんは12回の夏休み どの夏休みが一番記憶に残っているでしょうか?
どうか良い夏休みを!

子WAKA絵 プレス 「塾長のひとりごと」
2015・07・24 Vol.176   

| | Comments (0)

July 01, 2015

17年目のスタート

この6月末で うちの教室 スタートして17年  セブンティーンを迎えました

よくもまあ ここまで もったもんだと思いますが 今年も変わらず 

新しい生徒 新しい講師が少しずつ  2015のうちの教室のらしい

個性的 雰囲気を醸し出してくれています

先日無事授業デビューした彼女は 生徒が喜んでたよと伝えると

「自然に解いているものを 言葉に置き換えて教える 大変さがわかりました」

とメールが その言葉を聞くだけで 

安心して生徒を任せられるというもの

愛すべき、いずれも個性的な生徒と 講師に恵まれてスタート 17年目も 

変わらない  小さな小さな  うちの教室です 

明日のテスト みんな がんばって来てや~

| | Comments (0)

«「投票と学びは似ている?」