« 子供の領域 | Main | 子供と住まい »

November 03, 2004

子供とテスト

2学期の中間テストが、各校共終了、

あまり点数がどうこう気にしない、塾長ではありますが
一応、テスト報告書に点数を書かせます。
前回より1点でもよかったか、悪かったかと
点数記入の後に、

□自分をほめてあげたい(有森さんの名言ですね)

□まあ、こんなもんでしょ

□問題がむずい、ひねくれてる

□むっちゃ、くやしい

この記入をするところがる。
評価するのは、私でも親でもなく
自分でしてほしいんで。

で今日の火曜日のメンバーに、
「中間どやった?」

「死んだ~」 「自殺や~」
「理科はよかったかな」 おいそれはうちでならってへんやつやんか!

「おまえらなあ、うちの塾つぶれたら、おまえらのせいやぞ」
「塾長、生徒だれも、けえへんようになったらどうする?」 「あのなあ・・・」

「塾長、苦手なやつ、習いにきてんねんて」
なぜか、なぐさめられている塾長でした。

でも、ちゃんと、3年なってジャンプした、AIちゃんの報告も
しっかり、みてるやつらなんで、心配はしてません。

どうも親の立場からすると
5点上がっても10点あがつても
ほめる前に、こんだけやったら
もっと上がるはずや!
とほめてるはずが、知らぬ間に叱ってるてな
ことが多いようですね。

5点でも10点でも小さな前進でいいのよ。
ちゃんと、自分をほめながら、いくんやで。

|

« 子供の領域 | Main | 子供と住まい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子供の領域 | Main | 子供と住まい »