« 子供と講師 | Main | 子供と携帯 »

November 12, 2004

子供とメール

~もうひとつのコミュニケーション~

大人の世界では、携帯電話を持っていない人が
珍しく感じるほどの、身近なものになりました。

子供にどの時期に持たせるべきか・・・。
皆さん悩まれるようですね、
そこは、各ご家庭の考え方や、その子の気性にもよりますから
ばらばらでいいと思っています。
塾生でも、早い時期から、持っている子もいれば
お母さんと共有という子や、テスト80点平均で形態GETに
執念を燃やしている子もいます。

携帯にも、通話、メール、ゲームなどのアプリ、ネット、カメラなど
いろんな機能がありますが、
私が助かるのは、メールというもう一つの接点ですね

生徒達から、それこそいろんなメールが来ます
「今日塾ある?」 
「明日数学でわからんとこあるから今日数学したいねん」
「クラブあってそれから眼科行くから休むかもしらん」
「すいません。今日ちょっと塾遅れます(^-^;)」
「国、数、英のテストが返ってきましたぁ! ○○点でした」
「まぢで!?やっぱあるんや、学校代休なだけやのに
塾も休みとか思って普通に予定入れてもたあ、ごめん」
(ちなみに絵文字いっぱい)

てな具合、ため口メールは中学からきてそのまま残ってる
高校生たちです、
昨日も推薦入試受けに行った生徒に
「どない? 晴れて塾卒業できそうか~?」と送信
返ってきたメールが「微妙やな(*_*)」

休むたら、遅れるたらメッセージボードみたいに
使われることが多いですが、(それはそれで便利)

顔をみて、面と向かっては言えないことも
伝えることができたり様子を聞くことができたりするので
とても、助かります。

「あんなー、・・・。」って入り方は、なんかあるときですね。
大阪の人間同士、汚い口でしゃべりあうのが、
メールだと、少しやさしくなれたり、違う顔で話せたり
するもんです。
そんな時は、言葉尻を打ち変えてみたり、なれない
標準語使ってみたりのこともあって、少し打つのに
時間はかかりますが・・。
用事を伝えたいだけのメールと
返事を待ってくれているメールの違いですか。

今日もどんなメールが飛び込むやら。

PS
といいながら、わが長男の携帯はただいま没収中
(この事件についてはまた近々にアップいたします)
こっそり、私がガク割で通話しております

|

« 子供と講師 | Main | 子供と携帯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子供と講師 | Main | 子供と携帯 »