« ことのは | Main | 祈るこころ »

January 01, 2008

暮れのルーティン 家族のヒストリー

2008年 新しい1年の始まりです。

以前にも書きましたが 私は暮れから

お正月へかけての時間の流れがとても好きな時間です。

あわただしい時間が、急に緩やかなにスローダウンし

大阪の空も 排気ガスや工場の排煙が数日止まるだけで

こんなに 美しいブルーになる。

 

080101ps

仕事の忙しさや 家族のその年の状況によって

同じ流れでありながら 微妙に違うその進行

大掃除ができずに小掃除であったり

買出しや年賀状に追われ 

つまらないといいながら

紅白や ゆく年くる年で 鐘の音を聞き

新年に。

そして あっという間に過ぎる 三が日。

 

子供が紅白 終わるまで起きてられなかったのも

今は昔。

「そろそろ、おせちの技 おそわっといたほうがいいんじゃない」と

成人式前の ムスメに声をかける年代に。

家事もどきを ようやく スタートした私は

おせちの味付けや出汁が気になる。

同じ流れの中で シーンが違う

この おもしろさ。

 

昨年は私の父が癌で他界しましたが

毎年いろんなテーマとたたかっていたり、

対峙することが多かった我が家、

暮れに 子供達と少し 話をする機会があり

この4人で 同じ顔ぶれ 同じ時間を過ごせるのは

あと5、6年かもしれない 

だからどうしなさい とは思わないけれど

それを ちゃんとわかって 家族のうつろいを

味わって 過ごせたらと さらっと 伝えました。

 

立派でもなく おごそかでもなく

さりとて怠惰すぎず 

お正月という 少し特別な時間を

味わえたら・・・。

 

お正月だけじゃなく 

どの瞬間も 帰ってこないのですが

忙殺されていると ついつい・・・。

 

1年お疲れさま と 1年がんばろうの

ターニングポイントとして

 

空の青さと ゆるやかな時間のお正月

ずっと 続きますように。

2008年 元旦

|

« ことのは | Main | 祈るこころ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ことのは | Main | 祈るこころ »