« 子供部屋の立体ベッド | Main | 子供部屋のリフォーム適齢時期 »

March 06, 2008

春告げ便り 第2弾 公立前期

080305ps

大阪の公立高校 前期入試の 今年の

合格発表は 3月3日 ひな祭りの日。

発表の時間も なぜか 午後2時から

生徒達も 一旦学校へ登校 

キモチ 落ち着かんやろなあ・・・。

でも 落ち着かないのはこちらも同じ

前期志望者が 今年は4名

レベル的には 大丈夫ながら 倍率が高い生徒

レベル的には 厳しい評価ながら 倍率が例年より低く

千歳一遇のチャンス到来!の生徒 様々です。

 

学校選びも普通科総合選択だけでなく特色のある 芸能や造形美術など

4人の中でも 選択がわかれるのがおもしろいところ。

 

さあ、発表前日 「一番先でなくていいから

ちゃんと 連絡してや」と生徒に言い聞かせて・・・。

(でも 何人かやきもき させるやつがでるのも お約束)

 

携帯 PHS 2台 握り締め さあ かかってこいよで待機

おっ きた~

一番乗りは 14時4分 興奮した声で

「あっ 間違え・・・?」 「間違えてない 間違えてない」

「通った~」 いきなりナミダ声!

大丈夫と言われていたものの 90人も落ちる倍率

ドキドキしたよなあ、 ようやったね がんばったがんばった。

次は誰や さあこい さあこい 20分経過

ブルった 

メールや

「受かりました ♪」 それだけかい 淡白メールやなあ

でも 彼女も余裕とはいえ 倍率高し 夏休みクラブ引退から

がんばったよな。

おめでとう!メールをレス返します。

 

さて 予想はしましたが

ここからがまた 連絡がない。

30分過ぎた、 あぁ40分、

あかんのかい・・・・。

イライラ・・・。

ん? 公衆電話 着信 

偉いな ちゃんと 番号控えて いったんや

どぶとい声で 「通りました」 淡々といいねえそういうのも

男らしくて。

ゼッタイ無理くらいのハードルをクリアしたのに

この冷静さ 大物なるで きっと。

 

あとひとりで パーフェクト やのに

音沙汰ない

ない ない

 

もう連絡を待っている 講師13人にも

春告げ便りを回さないと。

待ちきれず

パソコンへ向かい 携帯持ちの生徒には

講師達から おめでとうのメールシャワーが行くように

アドレスを伝えていると。

 

やっときた~。

はあ 友達とメシ食ってる?

あのなあ・・・

でも 合格なら許す。

 

ふぅ 塾長の一番疲れる日 

 

さあ お気に入りの ケーキ屋さんで

ケーキを仕入れて。

今年は 担当講師も一緒に喜ぶ生徒の顔を見たいと

ついてきてくれました。

 

子供達も 心地よい疲れのなかにある様子。

あぁ よかった! お疲れ様☆

高校行っても がんばりや!

|

« 子供部屋の立体ベッド | Main | 子供部屋のリフォーム適齢時期 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子供部屋の立体ベッド | Main | 子供部屋のリフォーム適齢時期 »