« 10年100号 | Main | 作品発表前夜 »

July 25, 2008

ライバル <カレッジウイーク>

確か湯船に3人一緒に 入ってた時期がある

物理的に無理になって久しいなあ

 

大学3回のムスメとは いまだに空気感が近い

娘と一緒に髪切りに行くような間柄

「母と娘はありますけど 父と子は ないッスよ~」と

ヘアサロンのデザイナーさんに言われる関係が続いています。

 

私自身が自分の父親の生き方を許せず

反目しあう関係でしたから 

不思議な感覚ですが・・・。

 

そして長男とは 最近何年ぶりかの向き合っての対峙

(奨学金 学費問題です ビンボーはつらい!)

ここぞとばかりにいろいろ話しましたが

私が父に反目していましたから 

彼に 私のスタンスを理解しろと言うつもりはありません

ただ父と息子はライバルであることが理想だと。

 

私自身 ギャンブラーの父 

高齢の育ての祖父 いずれも戦う対象ではありませんでした。

 

私の持論 「喧嘩は同じレベルではじめておこる」

だって大人と赤ちゃんでは喧嘩にはならんでしょ

父と息子は同じ 男性 ライバルとして戦う対象であることが理想的

父親という存在のない子供時代を過ごした私はそう思っていました。

 

ただ父と娘は別と思っていたのに・・・

 

彼女はジャンルは違いますが モノ作りの道を選びつつあります

 

映像表現を学びにある大学へ

そんな彼女達の作品が年に一度 なんと京都シネマの1室を借り 

1週間カレッジウイークとして作品発表会が行われています。

昨年彼女が2回生の時には うっかり日程を勘違いして

行けませんでしたが 今年はちゃんと予定調整して行ってきました。

 

創作にのたうちまわってるのは知っていましたが さてさて

700円も金取って見せれる値打ちあるんかねえと 

同じ3回生の 建築科 学生の発表会を来週に控える立場の私としては

ドキドキもんです。

 

10分弱のショートムービーでした

作品解説も作品の延長として表現すること

展開と終わり方の気になるところなど 

モノ言うところは感想として伝えました

 

でもね 息子だけでなく

こりゃ ムスメもライバル仲間入りですよね。

じじぃになっても こりゃゆっくりできそうに

ありませんね ふぅ・・・。

 

明日25日金曜日20時が このサラダという 作品発表会の最終日

京都シネマ お近くの方 よろしかったら ご覧ください

小生意気に 700円かかりますが。

080724ps

080724ps2_2

|

« 10年100号 | Main | 作品発表前夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 10年100号 | Main | 作品発表前夜 »