« 「見てくれる人がいるなら・・・」 | Main | 「乞わんに従う」 »

July 09, 2009

今日から・・・

大人も子どもも実は同じ
自分の欠点 だめなところ ほんとは自分でもよくわかっているものです

なんとかしなきゃ 
あんなふううにできたらいいのに
あの人のように生きれたらいいのに

でも がんばれない弱い自分がいます
先月お伝えした お気に入りのお寺の黒板の言葉

「今日は私の残りの人生の最初の1日」
 そう言いながら 朝を迎えた

 たとえ昨日までがどうあれ 
 きっと何かが変わる。

こんな言葉が身にしみるのは 私のような自分では若いつもりでいるけど
あれも これもいろんな経験をした(いらぬ苦労はしたくないのに・・・笑)
いい年恰好の大人くらいなもの。

自分がこの地球にいる時間に限りがあって しかもそれが
年齢を重ねるごとに早く感じることなど知るわけもない子どもたちには
通用しない言葉なんでしょうね。

でも 広い目で地球を見渡すと いろんな大変なことが子どもたちの
廻りに起こっていることも確かです

時間を大切にしないといけない このシンプルなこと
言葉にすると勉強させたいだけやろとかうるさいなあとか
誤解ばかりを受けそうですね
言葉で伝えるのではなく 大人自身が
自分の動き方 自分も己の弱さと戦うところを見せることでしか
伝えるすべはないのではないでしょうか

子どもを変えるにはまず 自分も一歩
小さくても一歩 前へ

たとえ自分の弱さにくじけても何度でもトライして
子どもたちのトライにも失敗しても何度でも期待できる大人でありたいものですね

<子WAKA絵プレス 0907号>

|

« 「見てくれる人がいるなら・・・」 | Main | 「乞わんに従う」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「見てくれる人がいるなら・・・」 | Main | 「乞わんに従う」 »