« 今日から・・・ | Main | 塾長の設計した住まい最新作-2009 »

August 30, 2009

「乞わんに従う」

表現が違うだけで 深みを増す言葉に出会うことがあります。

とても 力強い作品をつくり続けておられる陶芸作家の河嵜育子さんが
自らの焼き物茶碗に焼きこんでおられたのが
この「乞わんに従う」という言葉。
なんだか 心惹かれるフレーズです

「乞わんに従うていい言葉やろ・・・。」という河嵜さんの作品を手にとっての
解説に ふんふん うなずく私ですが
実はあまり 耳なじみのある言葉ではありませんでした。

ただその言葉や語感から 乞われることに従うということは
人からの求めがあれば それをありがたいと思ってがんばる
ということかなと 勝手に自分なりの解釈をつけて
「乞わんに従う」と唱えていました。

多くの人々がこの不景気と呼ばれる時代の中 変革や拡大路線をとることが
正義のようにメディアは はやしたてますが 
まず身近で自分たちの日々の仕事や取り組みにかけていただく
人や場所を大切にして 自分を見失わずにいること
そうあるべきではないかと そんなふうに受け止めています。

何百人 何千人を一度に幸せにできる人などそう多くはいないはず
まず もういちど 自分の近くを見つめなおして日々を送ることからスタート。

本当はどうだろうかと
ネットで 調べてみると 「乞わんに従う」とは 昔の作庭師の方の言葉で
自然に逆らわない もしくは 自然の求めに応じて庭を造るという意味で
使われた言葉だそうです

少し 意味は違いましたね 
でも「乞わんに従う」

私の建築作りも 生徒たちの学習も同じ 強制や義務でなく
自然な求めに応じて がんばる そんな自分でありたいものです。

<0909号>

|

« 今日から・・・ | Main | 塾長の設計した住まい最新作-2009 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日から・・・ | Main | 塾長の設計した住まい最新作-2009 »