« 伸びろ 若僧! | Main | 塾長の顔 »

September 19, 2011

この秋の塾長の仕事

今年は私達の教室に受験生が例年より多く在籍しています。

夏休みは夏季集中講習、そしてクラブ活動をしている
生徒の半数以上が8月初旬に 引退。

少々ゆっくりしたい気持ちもそこそこに
がんばってくれた(はず)の夏休みも終わり

その成果を問う秋

塾のテストを皮切りに、学校の宿題実力テストなど
テストに追われる季節が始まりました。

そして 私に塾長としての大仕事が
待ち受けています。

返ってきた塾のテストの成績データを元に
一人ずつ 10分程度のデータ説明を含めた面談。

内容の見直しは講師にゆだねますが
伸びているところ、停滞しているところ
もったいないところなどをからめて

本人のモチベーションを上げるための
大切な時間です

この時期に萎えることなく、前へ向かう
推進力を伝えれることができるかどうか

もう 受験生とはそこそこの期間をつきあっていますから
その子に合わせた 言い回しで言葉を選びながら。

冬では遅い、春では早い
この時期 このタイミングであること。

うまく伝わったかな

さあ 生徒達によい春が来るようにと願いながらの初秋です。

|

« 伸びろ 若僧! | Main | 塾長の顔 »