« 教科書改訂の春 | Main | 広く長いカウンターで »

April 16, 2012

最後の講義

大学の学部学科の廃止により
私がセッションする最後の学生たちの
設計製図Bという 実習講義が本格的にスタートしました。

まずは 毎年恒例

「建設」と「建築」の違い
A課題-自分にとって「建築作品と呼ぶに値する住宅建築」を
レポートする
B課題-19歳の建築論 住宅論
をまとめて 皆の前で発表することからスタート

自分の中の、建築を志す源 原風景を
義務教育で閉じ込めた囲いから 開放して欲しい
建築に、自分に何が可能か。

そして稚拙でもいいから この瞬間のスタンスを
ちゃんと意識してメモリアルして欲しい
そんな願いを込めています

でも例年 「気をつけ」した
それ 嘘やろの演技レポが多いのですが

今年は おもしろい感性が・・・
いくつも。

27名 最後まで がんばって
ついてきてや!

いいものつくろう

|

« 教科書改訂の春 | Main | 広く長いカウンターで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 教科書改訂の春 | Main | 広く長いカウンターで »