« 「いま一度、怒ると叱るの違いを考える」 | Main | やさしいチョコ »

February 09, 2013

2013 私立入試の朝

今日は大阪の私立高校の入試の日

例年この時期は私立入試 公立前期入試から来月の後期入試から
合格発表まで 塾生ひとりずつ自分のゴールを切るまで
塾長としてもっともスリリングかつやきもきする時期

昨年は多くの受験生が在籍してやきもきしたもの
ところが今年はこの15年間ではじめて 
中3生がひとりというめずらしい年
今年は気持ちゆったり…のはずが

その唯一の彼女 昨年春先から クラブも活動できない
学校でも保健室通いが増える
当然塾も これるかどうか30分前のメールでないとわからない
という状況になる
そして体調が突如安定しないまま 今日の入試を迎えました

今年は別な意味で本当にスリリング
ちょうど今頃早起きして電車を降りたころ

昨晩のメールでは まずまずの体調とのこと
「今まで自分がやってきたことを出し切ってきます!」
と気丈な言葉が

ここ数年の大阪の入試は制度の改革続きで
子どもたちは翻弄され続けていますが

子どもにとっては大きなハードルと節目
この1年 自身もどかしい思いをし続けただろう彼女
まずは 今日と20日の前期入試
良い体調でのぞんで欲しいと

ただ思う 
ただ願う

よい春を
あたたかい春を

|

« 「いま一度、怒ると叱るの違いを考える」 | Main | やさしいチョコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「いま一度、怒ると叱るの違いを考える」 | Main | やさしいチョコ »