« 世に問うことの大切さ | Main | 2014 大阪公立高校 後期入試に思う »

March 08, 2014

2冊目は教科書

この3月で 保育社さんから著書
「ソファを捨てれば 子どもが伸びる!」を出版していただいて
早いもので3年になります。

実はそれより2年前から、関わっていたもう1冊が
ようやく手に取っていただけることになりました
7年ごしですね

こちらはなんと工業高校生が使う
「建築計画」という教科書、その中の住宅の計画という章
教鞭をとる先生と一緒に担当

恩師のお誘いで参加させていただきましたが
教科書の取り組みとしては初めて
実際の施主、設計者のやりとりを
教科書上で再現し、プロセスをつかんでもらうという内容

でも英語や数学の一般科目の教科書と違い 改定頻度が長く10年
新しすぎてもいけない 古臭くてもいけない

「ソファを捨てれば…」では
子どもと家族を取り巻く今を書かせていただきましたが
教科書では タイムスリップしつつも今を表現しないといけない

本当に苦しい取り組みでしたが
教科書に 私の手描きのラフプランや図面スケッチ
設計事例を採用していただきましたので
ありがたいこと

20140307



この4月から建築を学ぶ高校生たちが 
住宅の設計やりたいなあ
などと魅力を感じてくれたらうれしいものです

|

« 世に問うことの大切さ | Main | 2014 大阪公立高校 後期入試に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 世に問うことの大切さ | Main | 2014 大阪公立高校 後期入試に思う »