« 2014 大阪公立高校 後期入試に思う | Main | 2014-7人の春告げ便り »

March 19, 2014

公立 後期発表の日

今年最後の春告げ便りが届きました
今日は 公立後期の合格発表の日

変な仕組みで前期高倍率で不合格だった彼女
後期で合格のメールが届きました

さっきお母さんと一緒に嬉しい笑顔を見せてくれました

少し家族とか近い関係ではできない話をしました

少し受験時期に いろいろあった彼女
前期に落ちてよかったねと

たぶん それで合格してたら
そのあとの人生なめてしまったと思うよと

人にわからない辛い思いをしたことと
その1か月たたないうちに 同じテーマで
リベンジできたこと

これが オトナの世界でもなかなかないこと
苦しいつらい思いは 残念ながら山ほどある
それを再度クリアできる
しかも短スパンで

これは なかなかないことだと
トラウマのようにダメージ残ることがあったりするんやで
今はわからんやろうけど

風はあなたの背中を押すように吹いている
だから どうか 自分のテーマが見つかるまで
月並みやけど 頑張ること
わかりづらいけど 感謝を忘れぬこと

あぁ くどいなあ 
でも 親から聞いても 耳に入れにくいこと

言うで~

いろいろありっましたが
生徒も講師もみんな1年頑張ってくれて
これで 全員志望校 合格

今夜は少しだけ酒の量が多いなあ

20140319

|

« 2014 大阪公立高校 後期入試に思う | Main | 2014-7人の春告げ便り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2014 大阪公立高校 後期入試に思う | Main | 2014-7人の春告げ便り »