« 「時間は有限」 | Main | 「苦しい時の」~2017-01~ 187号 »

February 13, 2017

2017年 春告げ便り 第1号

19年目の今年もようやく
春告げ便りが届きました

この10年はずっとルピノのケーキ
フルーツデコ 4号2台をと
注文すると横で聞いていた
男性スタッフが
「合格おめでとうですね☆」と
覚えていただけるほど
季節のお約束になりました

とはいえ

今日合格の彼女は手ごわかった

私も高校行かない宣言した経歴ありますが
私は親へのあてこすり逆らってのこと

彼女の場合はほんとに
「別に行きたくない」
ただそれだけのシンプルな思い

そのシンプルさを
くつがえすのは ほんと難しい

今 彼女の羅針盤らしきかけらも
伝えれないけど

どんな学校でもいい
ともかく とりあえず
門をくぐってほしいと
もう懇願

まさか 白紙で出さんやろなあ
などと一瞬不安もよぎりましたが
無事合格

学校が絶対ではないけれど
出会いの確率を減らす
選択だけは その年齢で
してほしくないんやなあ

ケーキを前に少し
笑ってくれたかな

P1070036


良き出会いを願う

さあて あと4人
この4人もそれぞれ手強い

でも 春はそこまで

|

« 「時間は有限」 | Main | 「苦しい時の」~2017-01~ 187号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「時間は有限」 | Main | 「苦しい時の」~2017-01~ 187号 »