« February 2017 | Main | July 2017 »

March 12, 2017

「本当は」 2017-02-188号

学年末のこの時期 受験生でなくとも この1年の成果成長が気になるものです

家族とはいえ24時間一緒にいるわけではありませんから
その物差しとして学校からの通知表 友人や知人からの評価評判
塾の学習状況やテストなどで こどもの今をつかみたくなります

そして その物差しとして 成績というスコア換算したものが気になるあまり
子どもの健やかな成長を願っているつもりが スコアの成長ばかりが
気になったりしてしまうことがありますね

これは 親の立場に限ったことではありません こどもたち自身もそうですし
教える側の立場の方にもそこだけを見られる人があるようです

でもいつもお伝えするのですが 将来親の手を離れしっかり自立して
人生をまっとうしてくれることが願い
社会に出れば 過去のスコアを問うことよりも 現在と将来性を評価します
イチロー選手の 中学時代の数学や英語の成績を問う人はいないはずです

では スコアはどうでもいいのか?

いえ 結果としてのスコアが問題なのではなく 本当に伝えたいこと

それは自分の器に沿って成長できるよう「頑張り続けること」

過去の成績が良くなくて大成した人はいても
頑張ることなく大成した人などいません

何の物差しもなく頑張ることなどできませんから その目安としてスコアがあります
私たちの役目は 頑張り続けることを伝える 頑張れないときは励ます応援する
頑張れたら褒める シンプルなことです

そして彼らがもう少し大きくなったら もうひとつ伝えたいことは
「感謝」「ありがとう」の気持ち

実は社会に出てから 成長した人の共通項は
「頑張り」と「ありがとう」のふたつ 
我々大人でも なかなか実践できているかな?という部分がありますので
さらに難しいテーマですが・・・。
入試学年末で大変な時期ですが 本当は伝えたい大切なことなんです
がんばれ子どもたち!

塾長 出雲 勝一

| | Comments (0)

« February 2017 | Main | July 2017 »