March 09, 2009

キャラ板 chara-banのあるインテリア

塾長デザインのシルエットカウンターを
早速 私たちの教室の一角にセットしてみました。

ポップなカラーと楽しいシルエットで
塾の雰囲気も一変

さあ生徒たちがどんな反応を見せてくれるか
楽しみです。

Cars_2

Apples_2

Dolphins_2



| | Comments (0)

March 19, 2008

子供部屋のリフォーム適齢時期

いつも 住宅設計に関わるときにお話するのが

子育ても終わり(あまり好きな表現ではありませんが、

子供とのかかわりの中で親のほうも成長させてもらってますから)

比較的生活スタイルも安定するのが高齢者世帯

段差解消とかバリアフリーとかリフォーム業界のPRが盛んですが

この安定した時期に 住宅をアジャストしてデザインするのは

我々にとって難しいことではりません。

ところが めまぐるしく変わる 子供の成長期の

生活スタイル。

 

子供服に例えるとよくわかりますよね

まだまだ 衣服としては寿命ではないというのに

どうして こう次から次へと新しい衣服が必要となるのか・・・。

 

そう 子供が自我を持ち成長していく過程で

本当は衣服と同じように生活空間も変化が必要なんですね。

でも衣服は着れないけど

住まいは気づかず住みこなしながら過ごしてしまう・・・。

 

生活スタイルの変化に 住まいがついていかずに

なんだかしっくり いってないのはわかるけれど

対処方法がわからない・・・。

そんなケースが多いようです。

 

特に日本の住宅はコンパクトな中に

部屋数をなんとか確保することが優先されていて

また 大きな地震ごとに 厳しくなる法規の対処法として

壁や柱を増やすことで解決する手法がとられることが

多いものですから

この変化の多い生活スタイルの時期に身動きができない。

 

そんな状況が子供部屋リフォームの必要性は

感じながらも 新しい机の購入などで

お茶を濁してしまうケースが多い理由かもしれません。

 

私自身の住まいでは 第1回目の子供部屋改革が

長女と長男の就寝時間に差が出だして

子供どうしがストレスを感じるようになった時期。

2回目は長男の受験時期 

小さな改良 ローテーションは数多くありましたが

kのふたつが大きなきっかけだったように思います。

 

その家族構成や性格 異性か同姓かなどによっても

その適齢時期は変わりますが

基本的には 心理的な距離感独立性をどう段階的に

確保していくかがポイントになると思います。

 

いったん 個室を与えて 次のステップで

オープンな構成にもういちど戻すというのは

まずできないもの

一足飛びにオトナ仕様にせず 

何度か訪れる 適齢期に少しずつ アイデアを盛り込んで

子供部屋をデザインしたいものです。

時には畳のファミリーライブラリーで勉強などというのはどうですか?

Libraly2

| | Comments (0)

February 21, 2008

子供部屋の立体ベッド

子供部屋を計画するたびに

楽しい構成のベッドを、いろんな構成で
つくりたいという思いを込めてトライして
デザインしてきました。

立川の住まいでは
下部が学習机より広々のワーキングデスクで
上部がベッドという2段構成

080221m

市川の住まいでは
部屋の間仕切りを兼ねた
左右入れ子の2段ベッド

080221m2

そして 最後のパターンは
下部にオープンクローゼットと可動棚を
設けた コンパクトな子供部屋でスペース効率
を上げるための立体ベッドです。

080221m3

080221m4

私の住まいでも子供が使っている
構成はこのタイプ

立体ベッドは やはりオトナになってからは
なかなか 使えずに なんだか
楽しそうで こっそり 登ってみたく
なりますよね。

そう 恥ずかしくて楽しそうだけど入れない
遊園地やスイーツの店みたいな感じと
いうところでしょうか。

たまにこっそり もぐりこんだりしてしまいます。

今回も ピュアなホワイトに
ポップなカラーでアクセントにして
さらに楽しそうなベッドになりました。

| | Comments (0)

June 18, 2006

成長に合せて

昨日は 加古川のお花屋さん兼フラワーデザイナーの

Hさんのお宅に久々訪問。

Hさん 実は フラワーアレンジメントの

ジャパンカップで優勝したりする すごい人、

けれど とても 気さくな方です。

(人間こうでないとね

私は仕事に、いいかげんなやつも大嫌いですが

ちょっと メジャーになったからって

ふんぞりかえるやつ、 おんなじくらいダメやと思ってます)

住まいの設計をさせていただいてから

店舗やオフィスのデザインと長いおつきあいに

なりました。

男の子3人との5人家族で 

骨組みだけの家から自分達で壁を仕上て

今の住まいをつくりあげました。

大きな中庭をとり 居間やキッチンから

子供部屋 お風呂までも見えるという 開放的な住まいです。

 

そんな住まいも 一番上の子供が高校生になり

独立性を持たせる配慮が必要な時期になったようで

リフォームの作戦会議 開催です。

 

ご主人は子供室だけじゃなく 中庭も

インナーリビングに改装しようという企みもあるようで、

風呂ひろげよかとか、開閉型のガラススクリーンは?とか

奥さんも交えて いろんなアイデアが飛び交います

「希望ぜーんぶ 言っといたら 出雲さん

また なんか考えてくれるやろ」とのこと

開放感がなくなる大改装には反対の奥さんも

「子供が出てから 二人の楽しみよりも

子供がいる間の住まいでの楽しめるように」と

なんだか 意見が一致。

なんだか 楽しいリフォームになりそうな気配です。 

060618ps

| | Comments (0)

February 27, 2006

塾長がつくった子供部屋2006

ちょうど私の住まいづくりの仕事が

このハードな入試時期と重なり

先週は長い間 大阪を離れていました。

千葉の市川という街で

昨年の立川に続いて2軒目の

住宅展示場を設計し、そのオープニングが

先週の土曜日で、

そのオープンに向けて、小物の買出しとセッティングと

いう作業に追われていました。

前回に引き続き、東京在住の元講師

そして 今回は 住居学を専攻する、現講師の力も借りて

大阪、東京混成チームで、

家具の張り地やカーテンのセレクト

小物の買い付け、額装などを行いました。

今回の子供部屋はもう何年も提案しつづけている

ファミリーライブラリーで勉強

小さなスリーピングスペースでプライバシーを

守りながら就寝という構成です。

予想以上に共感していただけている様子で

ほっと一息です。

ch-bed

ch-bed2

ch-s

| | Comments (0)

January 27, 2006

つかず離れず

昨日 講師に送ったメールに使った言葉です。

日本には なんとも いい言葉がありますね。

 

近くにいたいときもある

ひとりで静かにいたいときもある

家の中で そんなコントロールができればなと。

よく 私がたとえに出すのが

小さいころ 叱られてもぐりこんだ

押入れの中。

臭くて 怖くて 暗いけど 自分だけの場所。

そんな 場所が家の中に欲しいなと。

かくれんぼ できる家がいいなと。

 

今日は 名古屋からメールをいただきました。

ありがとうございます。

| | Comments (0)

January 24, 2006

郡山にて

昨日から 講義のために

福島県郡山に来ていて、

今朝コンビニで 産経新聞の記事

「こども 生活改革」

(子供のための住まいづくり)

を確認。

なんどか メディアから取り上げていただいて

やはり 心配なのは 自分の思いを

うまくまとめていただけているかどうかということ。

今回は、本当に思っていることを

シンプルにまとめていただき感謝しています。

私の言葉足らずと顔写真が、にやけすぎ(あぁ・・)なの以外は。

こどもだけでなく おとなにとっても

よい住環境がよい人と人の関係づくりにも

大切なこと 

気にかけていただける方が 増えると

いいなと思っています。

| | Comments (0)

August 20, 2005

残り物リフォーム

私たちの教室は、毎年お盆休みがありません

ご家族でお盆に旅行や帰省をされる方があったり

お盆をずらせて、夏の行事を組み込む方が

あったりと、例年ばらけますので、こちらが夏休みを

設けてしまうと、長く塾へこれない生徒が出てきて

しまいますから。

住まいの設計のほうは、この夏仕事の谷間で本当に何年ぶりかの

お盆休みがとれました。

さあ、これまで長らく、「ほったらかし」状態だった

わが家の、手入れに着手。

・キッチンの収納・洗面の収納・自分の机、パソコン廻り

・寝室の押入れ・廊下の収納・寝室の押入れの中

・外部収納の整理

先日教室のスペースと長男の部屋をローテーション

した後ですし、本当にやらないといけないこと満載。

少しのアイデアで生活が変わるのは職業柄

よくわかっていますが、あとはお金を極力かけないこと

主婦の方が冷蔵庫の中の残り物で

おいしい料理をつくるのと同じですね

今まで作った残りの板や、使わなくなったTV台 ミニ冷蔵庫を

収納にアレンジ。

子供達は、「久しぶりに始まったか・・・」いう

視線を投げかけています。

家がいちばん楽しい場所なら

子供も外や行事ばかりを、欲したりしません。

その年代に応じた、家族の舞台を

準備できればいいなと思っています。

050820ps

050820ps2

| | Comments (0)

November 08, 2004

子供と居間

~居間を家族の作業場にしませんか?~

前回のブログにもかいたのですが、
居間、LDK、家族室呼び名はいろいろですが
一番居心地がよくて、楽しいところであるべきはずの
リビングルームが、ソファやダイニングセットに
占領されて窮屈になって、ただのテレビ部屋になっている。
そそくさと、子供は自分の部屋へ。

そんなことになっていませんか?

家具って、海外の広いリビングにはいいと思いますが
まだまだ、日本の住まいは広さにそんなにゆとりはない
ケースが多いですね。

思い切って、家具を捨てて、居間を作業場にしませんか?

我が家では先週から、冬の準備が始まりました
食卓は居酒屋でよくみる、掘り込み式。
実はこれ子供が小さい時に落ちて危ないと埋められていたものを
この春復活させたものです。

日本橋で私が掘りごたつ用ヒーターを調達
家内が1600×1600のサイズに合わせてコタツ用に、
家にある生地をつぎはぎしています。
その横で娘も何か学校で発表会があるとかで、生地と型紙を
重ねて、間に合う間に合わん、とか意味不明の叫び声を
あげて作業しています。
その横で長男はあいかわらず、そ知らぬ顔でPCに向かっています。

ケンチクデザイナーの住まいなどとはとても思えぬ
ファクトリー状態ですが、(写真アップなんてとてもできない!)
家具が少ないから、こんな使い方もできちゃいます。

テレビと家具に支配されない、ファクトリーリビングはいかが
でしょうか?

| | Comments (0)

November 01, 2004

子供の領域

昨日から家族4人で法事のため、泊りがけで四国へ
雨の中4時間近くかかって我が家へ。

車ではお疲れ気味の中2の長男が、帰っていちばんにすることは・・・。
パソコンのスイッチを入れ。
早速メールチェックと自分のホームページの確認。

「子供の気配」でも書かせてもらいましたが
我が家の、こども部屋はLDKの横なんですが、
もうひとつのポイントは、彼のパソコンが食卓の上にあること。

バーゲン好きの私が、開店や閉店のセール、格安購入権利の抽選に
当たったものなど、よそさまでいうと1台か1.5台分のコストで
家族各1台強のパソ環境。

共働きのご夫婦が多いと思いますが、我が家も同じ、
私は塾が終わって帰宅が10時半、
DTPなどという、設計と同じようなハードな仕事の家内も
先週などは午前さま、3回。
顔を合わせる接点がとても貴重で大切。

もし、彼が一般的な6畳に押し入れなどという子供部屋を
持っていたら、日曜朝、起きてまずパソ、スイッチオンの彼は
きっと部屋のパソにつきっきり、
つまり「閉じこもり」っていうことになるんでしょうね。

人ってシンプルですから、楽しいとこに集まります。
それを皆さん、居間はソファなんていう夫婦でも
寄り添わない定員一人の洋風イス、
ダイニングセットなどという、およそ座り心地のよくない
物に占領させて、こどもを自分の部屋へ追いやってしまうんですね。

閉じこもりじゃなく私からすれば追いやりかなと
(もちろん、すべてそれだけではないと思いますが・・・)

けど、巨大に成長しつつある、この野郎は
私の食卓(掘りごたつ式ちゃぶ台)の定位置を奪いつつあります。

現代の父はサザエさんのお父さんのようにはいきませんね。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧