August 07, 2011

リビングダイニングで子どもを伸ばすために(子WAKA絵プレス1107号1108号)

「子どもは居間食堂で伸びる!」(リビングスタディデスク)

私の著書も出版してちょうど3ヶ月がたちましたが
ありがたいことに、日本図書館協会の選定図書に早々に選定いただきました。
そして早速、日本の各地の図書館で蔵書に加えていただいるようです。
北は青森県の六ヶ所村図書館から、国会図書館、南はなんと沖縄の石嶺や
読谷村図書館まで、私が足を運んだことのない場所に本が届いていて
予約をしていただいたり、読んでいただいている方がいるというのは
まことにありがたいことです。

私は出版後、この著書の考えコンセプトを活かした、居間で使う専用の学習机を
「子どもを居間、食堂で伸ばす家具シリーズ」として試作し受注販売を開始、
追加バージョンとして食卓と学習机兼用のハイブリッドテーブルをリリース。

Dsc_1067


先にリリースした、居間専用学習机を、大阪日日新聞さんに 6月7日記事に
していただきました。



110607_1_4




多くの方が共働きが増えた、この時代に個室に子どもを押し込み
ケイタイやネットを通じた親の目の届かない世界に
入ってしまうことが良くないのではないかと感じられているはずです。
居間や食堂でよい学習環境をつくれないかとは思案しながらスペースなどの
問題で一歩踏み出せないのが現実のようです。そこで具体的な居間専用学習机
という形にして子どもだけでなく、家族が場所も学びも共有できることを意図して
製作したものです。第2弾第3弾とこれからもリビングスタディ(居間学習)の
スタイルが定着するよう、学習環境リフォームの提案を続けていきたいと思っています。

「居間で子ども伸ばす家具 その2」(リビングスタディダイニングテーブル)
(子WAKA絵プレス1108号)

先月号でご案内したのは、居間で家族共用で使うことを想定した
居間専用学習机(リビングスタディデスク)でしたが、続いて第2弾
の居間で子どもを伸ばす家具を設計し今月リリースしました。

これは居間で子どもを見守りながら学習させたほうがいいのは
わかるけど LDKのスペースにゆとりもないし、
ソファを捨てるのも買ったばかりでできない…。
そんな声にお答えして、ダイニングテーブルを分割して
スタディデスクにフレキシブルに変身させてしまおうという
ハイブリッド家具です。
食卓で宿題をしたり、家事をしたりと家庭内で一番ゆとりのある
デスクコーナーがダイニングテーブルであることは
間違いありません。
でも、配置や収納は食事を中心に考えた既製品のダイニングテーブルでは不満が残ります

このテーブルは天板を縦に2分割しキャスターを付けることにより、配置を自由にし
引き出しやアンダートレイを設けて学習と食事をサッと切り替えることが
可能にしたことが大きなポイントです。

Dsc_1096_3



Dsc_1108_4



Dsc_1118_3



姉妹兄弟で使う時には 並行やL型など間合いも自由に変えることが可能
下の図のような多彩なレイアウトが可能です

Table


少しの工夫とアイデアでリビングスタディをシンプルに実現できるようになります。
居間食堂を子どもの伸びる環境にしませんか?

リビングスタディデスクの詳細はこちらをどうぞ

http://homepage3.nifty.com/pocketstation/living-study/desk.html

|

August 05, 2010

その子に合ったワークトップ

時代の変化の中で パソコンを使っての勉強や携帯ゲーム機を使っての
勉強などいろんな勉強のための環境が生まれつつあるようですが
やっぱり基本は書くこと
書いて考える 考えて書くこれが大切なことに変わりなく
机の上でノートを広げるというスタイルはどんな優秀な
インターネットが登場しようとまだまだ無くなることはないように思います。

でも なかなかその「デスク環境」整っているケースは少ないようです
子供にとってのデスク環境はお母さんにとってのキッチンのワークトップと
同じといえるかもしれませんね。
もちろん広いにこしたことはない でも日本の住宅事情からすると
そんなに広大なスペースは望めない
スタイルもオープンな形を好まれる方もあればあまり散らかっている様子が
見えないクローズな形を好まれる方もおられます。

時代の流行ではオープンなスタイルで家族みんなが炊事に関われる
オープンスタイルが人気でそれに応じてか子供の勉強スペースも
固定で考えず ダイニングや和室などフレキシブルにノートを広げる
ことができるようにした住まいが増えつつあるようです。

私もようやく炊事参加ではないですが 月に一度の料理教室に1年半ほど
参加させていただき 台所であれこれ簡単なものを調理する機会が以前より
増えましたが そこで思うのはワークトップの高さや まな板を広げるスペース
残っている洗い物やら 調味料の関係がすっきりしないとどうも
イライラするのことを身を持って体験しました。

きっと子供たちも同じで 与えられた環境でやりくりしながら
ノートを広げるスペースを捻出していることでしょう
まさしくキッチンと同じでよその家庭の環境はなかなか見比べる機会が
ありません それゆえに余計にそのままになっているケースが多いように
思います

きちんと収納タイプ ドンと積み上げタイプさあ どちらでしょうか?
それによって必要な広さも 必要な収納スタイルも変わります
私のようになかなかモノが捨てれない なおかつあれこれいろんなことに
手をつけてしまう こういうタイプがいちばん困りものです
散らかっているほうが落ち着くなどという声もありますが それはとりたい本やノートが
さっと出てくる散らかり方が限度 集中できるまでの時間を短縮するためには
その子に合ったデスク環境が不可欠です いかがですか? デスク環境整っていますか。
市販の学習机サイズにだまされず 我が家サイズのワークトップをぜひ整えてあげてください。

| | Comments (0)

October 20, 2009

塾長の設計した住まい最新作-2009

ロードスターの似合う家

振り返ってみると 土地探しの資料が2007年秋に
なっていますから 2年越し
お会いする前から 検討されていた期間を含めると
何年越しになるでしょうか

住まいづくりにつきものの紆余曲折を経て
大工さんの手を離れ
住まいの引越しが終わりました

091020a1_2



竣工しました!と言わないのは
まだまだ 未完の住まいこれから ご家族の成長とともに少しずつ
仕上ていく そんな住まいを当初から目指したからです

ここへたどり着くまでに ご家族も増え
4人家族に

これから どんな変貌をとげるか楽しみです。

そして この住まいの私の楽しみにしていたのが

ロードスター乗りのご家族の家を設計できた記念に

ロードスターの2ショット!

2棟ある ファクトリー棟と住居棟の外壁色 

偶然にもクライアントのロードスターの白と私のロードスターの紺色になりました。

NA NB 2台並んだシーンを楽しみにしていましたが

ようやく実現

091020a2

ロードスターが似合う都市の住まい

でも実は内部は 木組にこだわる 棟梁の腕による

ナチュラルな自然素材の表情を生かした少し懐かしい

空間づくりをしています

陽の光で変化する 木目を楽しみながらの生活を

送ってもらえたらいいですね。

091020a3

| | Comments (0)

March 04, 2009

塾長がつくった小若江学習教室オリジナルデスクカウンター

お昼は住まいや家具の設計をする1級建築士

夜は学習塾の塾長に変身する私が長い間あたためていた

楽しいデスク廻りをつくって楽しく机に向えるようにしたいというテーマ。

そう四角四面のデスクやテーブルでは楽しくない。
 
家族の一員大切なペット 大好きなフルーツ パパのこだわりの愛車!
そんなキャラクターシルエットのカウンター・テーブルで
お絵かき、勉強、PC、食事できたらどんなに楽しいだろう・・・。

そんな思いを形にしました。

コーギーやダックスなど自分の家のかわいい「わんこ」をかたどった 

マイわんこシルエットテーブル。

大好きな犬種の

シルエットがテーブルに。

Corgi

(コーギー)

(ダックス)Dachs

パパのこだわりの愛車をテーブルに→ マイカーシルエットテーブル

リンゴ サクラ イルカまで 

大好きなフルーツや動物 

みーんな

テーブル・デスクにしちゃいます

子供が楽しく 机に向かえる キャラクターシルエットテーブル
「マイシルエットカウンター きゃら板 chara-ban」がようやく完成しました。.

今まで 小さなサインやシールではシルエットを型どったものはありましたが
円形や楕円のデザインぐらいしかテーブルやデスクではありませんでした。
キャラクターのリアルなシルエットがテーブルになる新鮮な驚き!

しかもフルオーダーもOKです。

オーダーキャラクターテーブル (オーダーキャラ板 chara-ban)

希望のキャラクターのシルエットのリクエスト(デジカメデータ・スケッチなど)を基に
オリジナルデザインデータを作成、世界に1枚のテーブルデスクを製作

セレクトキャラクターテーブル (セレクト キャラ板 chara-ban)

コーギー・ダックスなど人気犬種のデザイン続々登場予定

塾長がデザインしたキャラやマイわんこのシルエットをセレクト
カラーは豊富な色柄から 

マイわんこやキャラににそっくりピッタリの色をセレクトできます。

ご家庭では子供や幼児向けの 学習デスクやちゃぶ台として
パパの書斎机やパソコンデスク家事机として
幼児施設や教育施設のテーブルはもちろん、

商業施設では販売商品のキャラデスクで販促ツールとして
殺伐とした インテリアになりがちな高齢者施設や病院の食堂ではキャラクターデザインが癒しを提供します

素材はMDFとメラミン化粧板なので 雑貨ショップ
ペットショップなどのサインやオブジェ、飾り時計にも展開可能。

とってもかわいい「マイシルエットカウンター キャラban」を是非ご覧ください.

090304top


詳しい情報は

専用ブログからどうぞ。

塾長

http://astep.air-nifty.com/charaban/

|

March 19, 2008

子供部屋のリフォーム適齢時期

いつも 住宅設計に関わるときにお話するのが

子育ても終わり(あまり好きな表現ではありませんが、

子供とのかかわりの中で親のほうも成長させてもらってますから)

比較的生活スタイルも安定するのが高齢者世帯

段差解消とかバリアフリーとかリフォーム業界のPRが盛んですが

この安定した時期に 住宅をアジャストしてデザインするのは

我々にとって難しいことではりません。

ところが めまぐるしく変わる 子供の成長期の

生活スタイル。

 

子供服に例えるとよくわかりますよね

まだまだ 衣服としては寿命ではないというのに

どうして こう次から次へと新しい衣服が必要となるのか・・・。

 

そう 子供が自我を持ち成長していく過程で

本当は衣服と同じように生活空間も変化が必要なんですね。

でも衣服は着れないけど

住まいは気づかず住みこなしながら過ごしてしまう・・・。

 

生活スタイルの変化に 住まいがついていかずに

なんだかしっくり いってないのはわかるけれど

対処方法がわからない・・・。

そんなケースが多いようです。

 

特に日本の住宅はコンパクトな中に

部屋数をなんとか確保することが優先されていて

また 大きな地震ごとに 厳しくなる法規の対処法として

壁や柱を増やすことで解決する手法がとられることが

多いものですから

この変化の多い生活スタイルの時期に身動きができない。

 

そんな状況が子供部屋リフォームの必要性は

感じながらも 新しい机の購入などで

お茶を濁してしまうケースが多い理由かもしれません。

 

私自身の住まいでは 第1回目の子供部屋改革が

長女と長男の就寝時間に差が出だして

子供どうしがストレスを感じるようになった時期。

2回目は長男の受験時期 

小さな改良 ローテーションは数多くありましたが

kのふたつが大きなきっかけだったように思います。

 

その家族構成や性格 異性か同姓かなどによっても

その適齢時期は変わりますが

基本的には 心理的な距離感独立性をどう段階的に

確保していくかがポイントになると思います。

 

いったん 個室を与えて 次のステップで

オープンな構成にもういちど戻すというのは

まずできないもの

一足飛びにオトナ仕様にせず 

何度か訪れる 適齢期に少しずつ アイデアを盛り込んで

子供部屋をデザインしたいものです。

時には畳のファミリーライブラリーで勉強などというのはどうですか?

Libraly2

| | Comments (0)

February 21, 2008

子供部屋の立体ベッド

子供部屋を計画するたびに

楽しい構成のベッドを、いろんな構成で
つくりたいという思いを込めてトライして
デザインしてきました。

立川の住まいでは
下部が学習机より広々のワーキングデスクで
上部がベッドという2段構成

080221m

市川の住まいでは
部屋の間仕切りを兼ねた
左右入れ子の2段ベッド

080221m2

そして 最後のパターンは
下部にオープンクローゼットと可動棚を
設けた コンパクトな子供部屋でスペース効率
を上げるための立体ベッドです。

080221m3

080221m4

私の住まいでも子供が使っている
構成はこのタイプ

立体ベッドは やはりオトナになってからは
なかなか 使えずに なんだか
楽しそうで こっそり 登ってみたく
なりますよね。

そう 恥ずかしくて楽しそうだけど入れない
遊園地やスイーツの店みたいな感じと
いうところでしょうか。

たまにこっそり もぐりこんだりしてしまいます。

今回も ピュアなホワイトに
ポップなカラーでアクセントにして
さらに楽しそうなベッドになりました。

| | Comments (0)

September 17, 2007

子供とキッチンに立つ

ゆえあって この2週間 主夫らしき役割を果たすことに。

米研ぎからのスタートですが

暑い夏場のキッチンデビューが幸いしたのか

たいして苦にもならず お米の腹を割らぬように

大きな手を なめらかに動かせるようになりました。(なったはず・・)

 

さて 晩ご飯と 朝の弁当づくり

ボキャブラリーがないのを ごまかしごまかしの2週間。

大学夏休みで お昼に私の設計のオフィスへ

バイトに来ているわがムスメと昼休みは、夜のメニューの作戦会議

ネットやら本やらみて 「これどうや?」(ネットって 便利ですねえ)

 

キッチンは二人で立てる広さにつくったのがやっといきる。

私よりは 料理もどきのデビューが多少早かった

彼女のアシストのもと

・夏野菜のドライカレー (これはいけそう)

・テレビでやってた江角さんがつくってたオムライス

・ネットで見つけた たこ飯

・辛口カレーライス (カレーって 市販ルー使うのは簡単だってこと知らんかった)

・あさりいっぱいボンゴレ (失敗 素人がレシピにいきなり逆らうから・・・)

・焼き魚 さんまと味噌汁(味噌汁もだしをとらなきゃ こんなに簡単だとは・・・)

・居酒屋でうまかった さんまの梅肉つつみ揚げ

(ムスメとネット見ながら 3枚おろしにチャレンジ、私の惨敗)

070917ps

・失敗したボンゴレリターンマッチ (よしよし)

打率5割の成功率ですかねえ。ふぅ・・・。

 

ラジオ体操と同じ 休めば気持ちが切れる

弁当も ご飯さえあれば なんとかなる!

(俺のつくった 弁当 残しやがったら・・・とわが子を脅しながらぶちこむ私)

 

とにかく続けること!

まだまだ 冷蔵庫の中身を読み取って メニューを

ピッピッと導き出すとかができないのがつらいところ。

でも なんだか あともう一歩で

おいしいゴハンづくりに はまってしまいそうな

秋の日々です。

| | Comments (0)

October 11, 2006

塾長がつくった子供部屋 名古屋モデル

モデルルームで表現する住まい作りも

東京立川 市川

大阪 難波に

続いて

4作目 今回は名古屋での

住まいづくりです。

今回の子供部屋は写真ではわかりにくいかも

しれませんが

可動家具での曖昧な仕切りがポイントです。

名古屋の コンランショップで購入した

楽しい ファブリックの絵本や 

木のおもちゃをディスプレィしてみました。

 

机とベッドを並べるだけでなく

いろんなスタイルを子供に合わせてつくることが

できる!

そんなふうに 感じてもらえたら・・・。

061011ps

061011ps2

061011ps3

| | Comments (0)

January 14, 2006

距離感 間合い

間という言葉 

間合い 間抜け 間が悪い ・・・。

いろんな 使われ方がありますね、

そのコントロールがとても大切だと思います。

好きな人であっても大切な人であっても

そのコントロールやバランスに、人は

悩んだり 幸せを感じたりするのだと思います

少し遠い関係であれば、距離感を持ちたければ

会わなければいい。

でも、家族や職場の関係、友人とかになると

そうもいかない。

がっぷり 向き合った中で うまくやりくりしないといけない。

それを 住まいや塾という舞台を

ほんの少し役者に合わせることで

スムーズにならないだろうか?というのが

私のライフワークであり仕事です。

今日はそんな思いに興味を示していただき

産経新聞の方が取材に来られました。

どんなふうに感じてもらえたでしょうか?

24日に記事にしていただけるそうです。

うまく 伝わったかな・・・?

その人に会った環境をつくることの大切さ。

楽しみです。

| | Comments (0)

November 22, 2005

今日発売になりました

先日取材を受けたものが

今日発売の リクルート社の住宅情報 関西版

11月30日号に

「子どもにとって居心地がよく

親も安心の間取りを提案」

というタイトルで2ページ半の記事に

まとめていただきました。

私の住まいの子ども部屋の変遷と

子ども部屋のリフォーム設計例ですが、

こういう 取材記事、途中原稿のチェックは

させていただくのですが、

意図した内容からずれている時もあるので

少々心配していましたが、私の伝えたかったことを

専門家でない 一般の人向けにわかりやすく 

アレンジして、いただけたかなと思います。

さすがに 私の住まいの写真は「あら」がでないように

小さな写真ばかりでしたが、授業風景も1カット入っています。

もし、関西圏の方は 是非 コンビニで立ち読みしていただければ

幸いです。 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧