May 25, 2014

5月のハードル

5月 新しい学校や社会に飛び出して2ヶ月
私自身はきれいな春のスタートを
迎えたためしがないけれど
このあたりがまず第1ハードルなのはよくわかります

塾生や大学での教え子たちが
うまく第1ハードル 乗り越えたり かわしたり
しのいだりしているかなと気になる時期

恐る恐る 数人にメール
あちこちから、まずまずの返事がきて一安心

ホッ。

先日は事務所へきている インターンの現役生を連れて
木工の工場へ

社長にお願いして どんな機械で何してるのか
家具がどんなふうにできるのか
教えてやって。
とこれまたアバウトな依頼に

こわもての顔の社長が できるだけ言語を
素人学生にわかるように翻訳しながら解説してくれました
(顔は怖いが とてもやさしい社長)

20140525a_1

20140525a_2


20140525a_3

自分も、あのころ彼女のように
素直に人に接してたら、もっと早くいろんなことを
吸収できてたはずなのになあ

なんだか突っ張って突っ張って
損をしていたような気がします

自分の反省をいかして
できるだけ いろんな接点を若い世代にと思う5月です

| | Comments (0)

August 15, 2012

気持ちを開く瞬間が

お盆も私たちの教室は通常通り
生徒も講師もよくきてくれました ありがとう!

今日は中2の男子2回目の授業
身近な環境の人が みんなちゃんと
がんばってると 気づかぬうちに
変なプレッシャーになり逆らいたくなるもの

かえってジョーカーが身近にいるほうが
反面教師で自分の位置確認ができたりするから不思議

心を開いてくれるかな
無理に、こじあけてはいけない
ひたすら待つ 慎重に慎重に

わが子じゃないからこそ
これができる

なんとか、彼が気持ちの壁を
ブレイクするアシストができたらいいな

|

February 05, 2012

私立入試まで あとわずか

いよいよ今週末は大阪の私立高校の入試日になります。
今年の受験模様は大人の決めた性急な制度変更のあおりで
雲行きが不透明なまま 入試へ突入

子どもたちは、1年早く生まれた子どもや2年早く生まれた子どもと
状況が違うなどと知る由もありません。

私と講師たちにできることは、最後まで子どもたちを応援すること
そして厳寒の時期の入試の不公平を思いつつ
風邪やインフルエンザのせいででここまでのがんばりを
吹き飛ばされることのないよう願うばかりです

がんばれ 2012年の受験生
春はもうすぐそこまで・・・。

|

April 01, 2011

大晦日からお正月

今日から4月 私たちの教室でも 今週火曜日が昨年度の
最終授業 明日から新年度の授業開始となります。

この水曜 木曜金曜は授業が無く 
塾にとっては 大晦日からお正月への期間のようなもので、
私としては 「ソファを捨てれば子どもが伸びる」の執筆出版もあった
ハードなこの1年を振り返りながら
ゆっくりできる時間です。

昨年度は
5人の受験生が各々自分の目標へ向けてがんばってくれ
自分が志望した学校にこの4月から通うことになりました。
実際より長く感じる受験期を みんな無事乗り切ってくれ春告げ便りを
くれたことで、私や講師達にも 良い春がやってきました。

あとは入学後の新しい環境に
うまくなじんで 5月病と言われる時期をクリアしてくれる
ことを願うばかりです。

そして 教室では新年度は多くの生徒が受験生になります。

この大阪の高校受験は 公立高校の統廃合影響が続いていた上に
昨年度は 私立無償化の影響で 倍率が読めない状況で
また 結果として最終倍率も格差の大きいものとなりました。

ご父兄にとっても 子ども達にとっても
行政の方針転換が影響し
ターゲットを絞り込みにくい数年になりそうです。

でも まずはこの春から 受験生になったことを意識してもらって
がんばる意欲を持ってもらうこと 
これには 変わりはありません。

さあ また来春 
いい笑顔がたくさん見れるよう
あらたなスタートです。

|

May 11, 2010

3年目の正直

春4月 ここから新しいスタートをした人も多いかと思います
私自身の大学での演習講義もまた新しい学生と前期15回という
わずかな機会ですが今年もスタートしました。

塾では私が直接指導することはありませんが
講師たちに 「教えるでなく 伝える」という姿勢で生徒と接するように
求めています

ついつい謙遜の気持ちも含めて 「自分ががんばってできたことは、きっとあなたにも
できるはず」 そんなふうに思いがちで
「なぜ こんなこともできない?」「さぼっているだけじゃないか?」という
目線になってしまうもの
でも できない がんばれない 理由は人それぞれですから
これでは 気持ちが前へ向きません。
ただ教える側もスイスイ らくらく できているわけではない
自分で考えて 自分なりのやり方を見つけだして はじめて少しずつ
前へ動き出したことばかり 「私はこんなふうに取り組むことで よかったよ
一度やってみて」こんな姿勢で子どもと接して欲しいとわが講師には伝えています。

これが 自分で学生に設計課題を与えて 指導して習熟してもらうという講義を
持つとなかなかむずかしい。

教え込もうとしていないか?と試行錯誤の繰り返しです
3時間 15回という限られた時間の中で どうしてもあれもこれも伝えたい
と盛りだくさんになってしまう かえってそうなると内容が希薄になる
わかっていながら…。

大人になると 成長したい前進したいと思っても 本当にわずかしか成長しないもの
それが子供たちは、短期間で驚くほどの成長をする瞬間があります
その瞬間へのステップをサポートできたら

3度目の正直ならぬ 3年目のトライアル スタートです。

| | Comments (0)

March 13, 2010

負けるな一茶ここにあり

今日公立 後期受験予定子供たちの最後の授業が終わり

来週の入試を残すのみ

今年のうちのチームは私立2名 大阪の不思議な制度公立前期は3名
公立後期は3名 合計8名とのセッションでした
そして 長くサポートしてくれた講師の最後の授業も奇しくも
今日よいタイミングで卒業授業となりました。

出会いや縁などというものは
狙ってできるものであはありません。

受験校などの倍率などとは比べ物にならぬ
宝くじなみの確率で出会っていることを皆に伝えるのですが

なかなか 年の数が少ないうちは
時間と同じで いつでもどこでもあるように感じて
ぞんざいにやり過ごしてしまうもの

少しだけ そんなことがわかるようになった
からといって くどくど語っても伝わらない
そんなことも わかってくる・・・。

負けるな一茶ここにあり

そんなふうにそばに居る

同じ場所にいて 応援団であること
それだけでよいかなと

さあ 今年最後の3人 

負けるな!

たとえ負けても応援し続けるけどね☆

| | Comments (0)

July 28, 2008

作品発表前夜

私がはじめて 受け持った 24名の建築科の学生達

前期課題のカフェの設計図面 模型を完成させての

プレゼンテーションがいよいよ 明日にせまりました。

 

大学生とはいえ 建築設計の技量については塾の生徒と同じ

さなぎの彼ら 

 

さなぎなりに 壁を突き抜ける きっかけを

渡すことができたかなと気になりますが

終わってみれば あっという間の前期授業でした。

 

彼らのためにつくった 授業用のプライベートブログも

昨日はようやく 50いくつのアクセス

私の携帯やPCにメールで質疑も入ります

 

ギリギリにならないと 燃えないやつらやなあ・・・。(笑)

 

明日 8時45分提出 遅れのあらゆる理屈は 拒否!

と伝えています

 

今ごろ まだ格闘中の生徒多しかな

「がんばれよ」

 

期待と不安の プレゼン前夜です。

| | Comments (0)

January 23, 2008

一番早い 春告げ便り 

例年 入試の合格発表の 結果の報を

私は教室で「春告げ便り」と呼んでいます。

どうして 日本の入試は 子供達がインフルエンザや

感染性胃腸炎など 病気が万延しやすい この寒い時期に

するのかと 憤りを感じるのですが、

この合格を知らせる 嬉しい子供達の声 顔は

まさに 待ち遠しい春を告げる 心弾む知らせです。

 

今年は 中学受験をした 彼女から

携帯に嬉しい 春告げ便りが届きました。 

毎回思いますが この年齢の子供には

合格させたいというよりも

「落ちた」という ショックを味あわせたくない

成長の糧として受け止めるには

まだまだ幼い子供達。

 

彼女も ここまで 受験するという

行為が充分受け止められず

立ち止まった時期もありましたが

最後は自分の中でも 周囲が感じるのも

一致した 彼女らしい バランスのとれた

がんばりで 春告げ便りを 届けることができました。

 

ただ なんとなく本人の実力で合格した 春告げ便りより

入試へ向けて 自分で モチベーション上がりながらの

春告げ便り 

 

こういう 便りが 一番うれしいものです。

 

さあ 来月は 公立前期入試

3月は 公立後期入試。

 

6名の中3生にも よい春が来ますように!

| | Comments (0)

October 17, 2007

ぼこへこみ

「あのさぁ ストレスとか あるやん

それとか ぼこへこみ したりとかさぁ

そんな とき いったい どんなことして 脱出するのん?」

あらっ 突然な 唐突な セリフ。

 

もちろん そんな 回答 普段から用意しているわけでは

ありません。

ん? なんかあったか こやつ

あんまり 表面には 出てないけどなどと

思いながら 0.5秒くらいなもんでしょうが

一生懸命 うーんと考えながら。

 

「寝る 睡眠! 気持ちがまいってるときに

体力も消耗すると 立ち直れない

どっちか 元気になると 復活の糸口なるからね」

「ほぇー そうなんかー」 

以上 それで おしまい。

 

なんか あったんでしょうが 

それを きいちゃあ・・・。

 

ぼこへこみ 気づいて欲しい時と

ぼこへこみなのを 伝えたい時が

ありますよね。

 

でも 立ち入って欲しいわけじゃない。

 

そんな時があるもの 

さりげなく しらんかお それでいい。

| | Comments (0)

March 26, 2007

おめでとう そして おつかれさま

終わりました・・・。

今期も 公立後期の合格発表。

まあ うちの教室はいろんな タイプの子供達が

集まる教室、 とは言うものの

今年の受験生の キャラの際立っていることといったら。

 

さすがに 私も金曜日は 放心状態。

恒例により 夜になるまで結果のつかめん生徒は出るし(笑)。

 

これまた恒例のケーキを準備

子供達の顔を見てまわります。 よしよし

 

受験生以外の授業中の講師と

授業後 ホッとひと息「終わったね~ おつかれさま」

 

生徒達もそれぞれ 「満足 まずまず くやしい」

思いがあることと思いますが

本当におつかれさま☆

同じ時間を過ごせたことに感謝。

 

あっという間に 新しいスタートやね

また お互い成長して会おな。

070326ps

| | Comments (0)